日本人の愛した色

Front Cover
新潮社, 2008 - Crafts & Hobbies - 156 pages
利休鼠、深川鼠、藤鼠、鳩羽鼠...。あなたには違いがわかりますか?化学染料を使わずに天然素材で糸や布を染めていた時代、日本人はどのように色と付き合っていたのか?紅花、藍、刈安などによる古法の染色を探求しつつ、物語や歌に込められた四季の想い、衣装や絵画、書跡や工芸を手掛かりに、古代から中世・近世までの色彩感覚を生き生きと甦らせる。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Contents

Section 1
127
Section 2
157
Section 3
159

1 other sections not shown

Bibliographic information