日本植民地建築論

Front Cover
名古屋大学出版会, 2008 - Architecture - 502 pages
0 Reviews
日本帝国の拡大とともに広がった、日本近代建築の忘却された作品群を体系的に展望、建築が植民地支配に果たした役割を余すところなく描き出すとともに、日本近代建築史の巨大な欠落を埋め、初めて本格的な歴史的評価を示した注目の研究。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases