明治の皇室建築: 国家が求めた〈和風〉像

Front Cover
吉川弘文館, 2008 - Architecture - 234 pages
0 Reviews
“和風”と“洋風”―プロローグ;行在所―「天皇の空間」と“和風”“洋風”(明治天皇の地方巡幸;明治天皇と“和風”“洋風”;嘉仁親王の地方巡啓;行在所が担うもの);明治宮殿―“和風”の創造(皇居造営計画;近代皇居の機能と空間;“和風”のリバイバルモチーフ;明治宮殿から貴賓室へ);東宮御所―隠された“和風”装飾(東宮御所の造営計画;東宮の空間・東宮妃の空間;東宮・東宮妃の想定生活像;隠された“和風”装飾;対称の平面・非対称の意匠);御用邸―“和風”の嗜好(御用邸の誕生;皇族たちの別邸生活;近世の嗜好を継承する);皇族本邸―“洋風”推進から“和風”回帰へ(東京遷都と皇族本邸;“洋風”推進から“和風”回帰へ);“和風”の誕生―エピローグ

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information