朝日のようにさわやかに

Front Cover
新潮社, Mar 30, 2007 - 281 pages
ビールについての冒頭から、天才トランペッターや心太へ話題は移り、最後は子供の頃に抱いていた謎の解明へと至る―。虚実の狭間を、流れる意識のごとく縦横に語る表題作他、ホラー、ミステリ、SF、ショートショート等々、恩田陸のあらゆる魅力がたっぷり詰まった、物語の万華鏡。

From inside the book

What people are saying - Write a review

Review: 朝日のようにさわやかに (新潮文庫)

User Review  - mugibooks - Booklog

2011.08.16 Read full review

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information