本当は戦争の歌だった童謡の謎(CD付)

Front Cover
祥伝社, 2005 - Fiction - 204 pages
0 Reviews
戦争中に作られた最初の「里の秋」には、大きくなったら兵隊さんだようれしいな...、という歌詩が含まれていた...。海にお船を浮かばして行ってみたいなよその国...、あの大らかな「ウミ」にも、汽車汽車ポッポポッポ...にも、今も歌われている多くの童謡、唱歌、愛唱歌の裏側に、戦争が潜んでいた。そんな事実の数々に衝撃を抑えきれず、合田道人が平和への祈りをこめておくる一冊。今回はCDも付いて、読んで聴いて、感動が2倍に。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information