村上春樹を歩く: 作品の舞台と暴力の影

Front Cover
彩流社, 2000 - Art - 195 pages
「間宮中尉」のモデルは父親である!?作品の舞台を歩き、現実世界と異界との接点を探り、新たな村上春樹像を構築する試み。原点・神戸高校時代の文章を収録。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information