東大医学部初代綜理池田謙斎: 池田文書の研究, Volume 1

Front Cover
池田文書研究会
思文閣出版, 2006 - Biography & Autobiography - 320 pages
本書は上下二巻から成り、上巻には江戸時代の種痘所(西洋医学所)の責任者池田多仲関係文書と明治初期東京大学医学部初代綜理、陸軍一等軍医を勤め、明治十年代後半から宮内省侍医局長をつとめた池田謙斎宛の書簡を中心に収載した。上巻は、池田文書の由来、池田多仲と池田謙斎の伝記を述べ、本文に五十一名の書簡と池田多仲履歴関連文書一通をのせる。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information