校註祝詞

Front Cover
新学社, 2002 - Religion - 251 pages
0 Reviews
「吉田神学の亜流たるその頃の所謂神道思想」即ち国家神道史観を排し、“日本”という国の成り立ちと本姿を確認するために執筆された本書は、昭和十九年後半から翌二十年にかけて発表された「鳥見のひかり」の先蹤をなすとともに、同稿と不可分の営為である。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information