桜の園

Front Cover
グーテンベルク21, 1920 - Literary Collections - 453 pages
0 Reviews
南ロシアの地主であるラネーフスカヤ夫人は夫と死別後、愛人とパリで暮らしていたが、愛人に裏切られ、経済的にもゆきづまって、古い領地に帰ってくる。だが、その領地も抵当に入っており、破産は目前......美しい「桜の園」を舞台に、旧地主・貴族階級の没落とそれに取ってかわる新興ブルジョワジーの台頭を描く。チェーホフ四大戯曲の中でももっとも完璧な作品としてしばしば上演される名作。
 

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information