梶井基次郎の世界

Front Cover
作品社, Nov 10, 2001 - 652 pages
昭和初頭の暗い時代に、生命思想とマルクシズムの間(はざま)で独自の言語世界を構築し、以降の世代に決定的な影響を与えた稀有の作家。シュルレアリスムと言われ、実存主義の先駆と評されるその作品が日本文芸史にもつ意味と構造を緻密に解明する画期的労作。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information