横浜港の七不思議: 象の鼻・大桟橋・新港埠頭

Front Cover
有隣堂, 2007 - Art - 241 pages
安政六年(一八五九)に開港した横浜港は、日本を代表する貿易港に発展したが、来航した船は、大桟橋ができるまでの三十五年間、直接岸壁に横づけすることができなかった。本書は、大桟橋の根元に今も残る「象の鼻」とよばれる突堤はなぜ曲がっているのか、鉄桟橋建設の原資となったアメリカからの下関賠償金はなぜ返還されたのか、さらに石造ドックを日本人が設計した理由や、新港埠頭建設をめぐる内務省と大蔵省の争いなど、横浜港の七つの不思議をさまざまな資料を用いて明らかにしながら、関東大震災までの歩みを紹介する。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information