水墨画の鑑賞基礎知識

Front Cover
至文堂, Feb 5, 1997 - Ink painting, Chinese - 261 pages
水墨画は絵画の技術と画法の総合的世界である。その画法や技術は、時代のそして人と社会の創造的精神の関わりの中で工夫創造されるもので、絵画史における画法と技術の持つ意味はもっと重んじられていい。少なくともそのような知識を持つことによって、水墨画を歴史的にも深く理解することが可能である。本書はそのような立場に立って水墨画の理解を進めようとする書である。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information