水平記: 松本治一郎と部落解放運動の一〇〇年

Front Cover
新潮社, May 30, 2005 - Buraku people - 719 pages
生き抜け、その日のために―。近代国家と正面から闘い、多くの受難を乗り越えて、差別に苦しむ部落の人々に大いなる希望を与え続けた巨人・松本治一郎。己には酒、煙草、博奕、妻帯、ネクタイの「五禁」を課して、「部落解放の父」と呼ばれたその峻烈な人生を歴史の暗闇から浮かび上がらせた、後世に伝うべき圧倒的感動の評伝。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information