江戸の村医者: 本田覚庵・定年父子の日記にみる

Front Cover
新日本出版社, 2003 - Biography & Autobiography - 190 pages
近藤勇・寺門静軒らとも交流のあった医者であり文人の父、民権家として奔走した息子―父子は新時代の到来をどう受けとめたか!幕末から明治へ―時代の転換期を駆けぬけた父と子の実像。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information