江戸落語奇譚始まりと未来

Front Cover
KADOKAWA, 2021 - 304 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
大学生の桜木月彦は、20歳を迎えた。雇い主でもある文筆家・青野短に誕生日を祝ってもらうが、はじめてのお酒で過去のトラウマを思い出す。意気消沈する中、青野の代理で落語家の相談を引き受ける。それは「夢のせいで恩人が怒った」というもの。原因を青野と探るうち、江戸落語の始祖が書いたと言われている噺に行き着く。「最初の怪異」を本格的に探し始めた青野から刺激を受け、月彦も自分を変えようと動き出すが...。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

About the author (2021)

3月28日生まれ、神奈川県出身。『江戸落語奇譚~怪異には失礼のないように~』で第6回角川文庫キャラクター小説大賞優秀賞を受賞。小野じゅん改名。

Bibliographic information