法隆寺の謎を解く

Front Cover
筑摩書房, 2006 - 280 pages
法隆寺は世界最古の木造建築として“世界遺産”に指定されている。しかし実は、私たちが目にしている法隆寺は七世紀後半から八世紀初めにかけて「再建」されたものであり、そうしたことがわかったのは一九三九年になってからのことにすぎない。しかも聖徳太子による創建から「再建」達成までの百年間は、仏教の日本化と並行して、古代王朝の内部で激しい権力闘争が起こった時期でもあった。仏教やヒンズー教などのインドの宗教建築を踏査してきた著者が、回廊の構造や伽藍の配置などから古代世界を読み解く、空間的な出来事による「日本」発見。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Contents

Section 1
23
Section 2
41
Section 3
55

12 other sections not shown

Common terms and phrases

Bibliographic information