渡辺順三研究

Front Cover
かもがわ出版, 2007 - Art - 204 pages
「真に自分自身の現実生活の中から、生きた感情を歌はなくてはならない」。啄木以来の生活派短歌に階級的視点を導入した渡辺順三、戦前の評論集を掘り起こし、その現代的意義を検証する。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information