犀星王朝小品集

Front Cover
岩波書店, 1984 - Japanese fiction - 239 pages
哀しいまでの美しさを後代に曳く遙か王朝の世の女性たち。伊勢物語など、平安朝の文学に材を求め、彼女らの心のうちにある熾烈なまでの情感の糸にふれた犀星の王朝物語は、人間の魂の深部を恐ろしいほどに照らし出し、余人の及ばぬ独自の小説世界を現出している。「姫たちばな」など7篇を収録。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information