現代金融・経済危機の解明

Front Cover
ミネルヴァ書房, 2005 - Business & Economics - 380 pages
1991年以降の危機含みの経済停滞について、バブル研究を総括・整理した上で、この間の銀行・産業再編の現状と資金フローの変化を明らかにし、金融行政・金融政策の功罪を問う。また、これをスウェーデンの金融危機処理と対比しながら、今後あるべき金融システム像を展望する。同時に従来の企業統治の問題点、日本の対外援助・対内直接投資の特質・問題点も明らかにしていく。最後に、物価変動に焦点をあて「平成デフレ」を分析する。着実な史的事実の把握と、詳細・豊富な統計資料を基礎とした本格的研究書。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Contents

第1節信用創造機能と預金通貨104
1
第3章平成不況と金融政策木村二郎
175
第2節1970年代以降の生産性格差ィンフレと平成デフレ
343
Copyright

Common terms and phrases

Bibliographic information