「生活史」の発見: フィールドワークで見る世界

Front Cover
中央公論新社, Sep 25, 2001 - Business & Economics - 262 pages
戦後日本を席捲した大塚史学への挑戦、今西錦司・梅棹忠夫らとの出会い、ウォーラーステインに先駆けた世界資本主義論、茶、時計、米などの「モノ」を糸口にグローバル・ヒストリーを編み出した経済史家がその半生、方法、学問の醍醐味を軽妙に語る。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information