生産システムの国際移転: ジャパナイゼーション論とイースターナイゼーション論の検討

Front Cover
税務経理協会, 2000 - Industrial management - 241 pages
本書では、前著『現代企業の生産システム』で行った研究の延長線上に位置づけるものとして、モデル論、ベンチマーキング論とは別のパス(path)、つまり、ジャパナイゼーション論とイースターナイゼーション論において、日本企業の生産システムが、どのようにスクリーンに写し出され、海外企業の生産システム上の問題点を解消すべく、いかに取り上げられてきたのか、その過程ないしは移転メカニズムの一端を著者なりに整理している。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information