田辺哲学と京都学派: 認識と生

Front Cover
昭和堂, 2008 - Biography & Autobiography - 196 pages
西田幾多郎から田辺元、西谷啓治へと深化を遂げた京都学派の「絶対無の哲学」。田辺哲学を支点として、「認識と生」というキーワードから「感覚」「イメージ」の問題へと到達する新たな解釈を展開する。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information