男もの女もの

Front Cover
文藝春秋, Apr 20, 1998 - 258 pages
キスを、豆腐を、漱石を論じて、源氏物語からピタゴラスに至る古今東西のゴシップ、文学、思想を縦横無尽。ゴリラは誰にキャベツを投げつける?切支丹と歌舞伎の関係をさぐる!チョウチョは昔、日本にいなかった?コロンブスのもうひとつの新発見!などなど―。目を洗われる18篇。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information