石原莞爾の悲劇

Front Cover
芙蓉書房出版, 1999 - Biography & Autobiography - 520 pages
稀代の戦略家、石原莞爾はなぜ挫折したのか?ソ連の南進政策を予見し、支那事変不拡大を叫んだ石原が、四面楚歌のなかで無念の涙を飲んだ真相を、元大本営参謀が、参謀本部内の対立、陸軍・海軍との関係、政府との衝突を軸に明らかにする。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information