確率微分方程式

Front Cover
共立出版, 1999 - 227 pages
0 Reviews
本書では、特に拡散過程の生成作用素、コルモゴロフ方程式の記述に粘性解の方法を用いている。その概念は確率微分方程式の解に関する期待値の満たす方程式を記述するのに極めて自然であり、ベルマン方程式の取り扱いとの一貫性も考慮。確率微分方程式と解析学を結び付ける上で基本的に重要な役割をする伊藤の公式の一般化についても触れている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

References to this book

Bibliographic information