立原道造全集, Volume 4

Front Cover
筑摩書房, 2009 - Art - 672 pages
若くして嘱望された建築家としての全貌を明らかにする立原の建築図面、幼少からその才能を発揮していたパステル画その他の彩色画、各種ノート中のスケッチとタウトの講義ノート、建築評論のすべて、唯一の翻訳書『林檎みのる頃』などを収める。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Contents

Section 1
Section 2
Section 3

34 other sections not shown

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information