翻訳文学のあゆみ: イソップからシェイクスピアまで

Front Cover
世界思想社, 2008 - Language Arts & Disciplines - 258 pages
0 Reviews
ザビエルの鹿児島上陸による吉利支丹文学の移入から、明治時代の翻訳事業まで、過去数百年に渡る先人達の努力と情熱の跡をたどり、翻訳文学の歴史を顧みる。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information