聖なるものの形と場

Front Cover
賴富本宏
法藏館, 2004 - Art - 664 pages
聖なるものの形と場;見えないものと見えるもの―聖と俗の密教学;中観派における勝義と世俗のあいだ―「言表される真理」と「不可説の真理」;戦う聖者佐々井秀嶺(アーリア・ナーガルジュナ);インド的楽舞の受容と展開;チャイティヤと仏教信仰の習合―聖樹・聖柱・舎利・仏塔・聖地・表象;後期密教における聖なるものの形と場;インドネシア、ジャワ島に現存する密教遺跡の「聖なる場」;北魏金銅仏の同年銘像について;八部衆像の成立と広がり〔ほか〕

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information