聖者の推参: 中世の声とヲコなるもの

Front Cover
名古屋大学出版会, 2001 - Art - 427 pages
「遊者」から後白河院、花山院、文覚等にいたるまで、宗教と芸能、王権と物語のあわいに立ち、「推参」する者の姿を通して、中世世界を動かす深層のダイナミズムに迫る。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information