荘園: 墾田永年私財法から応仁の乱まで

Front Cover
中央公論新社, 2021 - 312 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
荘園は日本の原風景である。公家や寺社、武家など支配層の私有農園をいい、奈良時代に始まる。平安後期から増大し、院政を行う上皇の権力の源となった。鎌倉時代以降、武士勢力に侵食されながらも存続し、応仁の乱後に終焉を迎えた。私利私欲で土地を囲い込み、国の秩序を乱したと見られがちな荘園だが、農業生産力向上や貨幣流通の進展に寄与した面は見逃せない。新知見もふまえ、中世社会の根幹だった荘園制の実像に迫る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

About the author (2021)

伊藤俊一

1958年、愛知県生まれ。京都大学大学院文学研究科に進み、博士(文学)を取得。名城大学人間学部教授。専門分野は日本中世史。著書に『室町期荘園制の研究』(塙書房)など。

Bibliographic information