荻生徂徠

Front Cover
明徳出版社, 2008 - Biography & Autobiography - 332 pages
日本の儒学史に屹立する徂徠の全貌。徂徠の登場によって江戸の儒学は一変した。古典はどのように読むべきか、それによってどう解釈するのか。古文辞学という新たな古典解釈の方法を提唱して、独自の学問体系を構築した徂徠の著作を現代訳し、彼の言語・国家観等その全体像を提示。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information