菅原道真の実像

Front Cover
臨川書店, 2002 - Biography & Autobiography - 242 pages
時は平安朝・九世紀後半―生粋の詩人・学者として活躍を続ける菅原道真は、いつしか政治家として、宮廷社会の頂点に昇りつめようとしていた。そのとき突如、道真を襲う悲劇。優美な宮廷社会の狭間で蠢く嫉妬・陰謀―歴史上名高い「左遷」事件は、何故起こったのか?「伝説」と化す前、「人間」道真の生き様を実証的に描き出す。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information