葉っぱのふしぎ: 緑色に秘められたしくみと働き

Front Cover
ソフトバンククリエイティブ, Apr 15, 2008 - Science - 216 pages
0 Reviews
葉っぱを知ることは命の原点を知ることだ

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

植物の葉っぱは、花を咲かせ、タネをつくるために、日光・水・二酸化炭素から必要なエネルギーやでんぷんを作り出す光合成を行います。植物は葉っぱで成長しますが、草食動物やそれを食べる肉食動物を考えると、多くの生命の源になっているのです。この身近な葉っぱですが、なぜ緑色をしているのか? どうして無機物から有機物を作り出せるのか? 季節の移り変わりをいかに知るのか?など、意外に知らないことばかり。

本書は、テレビでもおなじみの自称「葉っぱ博士」田中修教授が、愛情豊かに葉っぱの仕組みと働き、そして葉っぱの気持ちを語ってくれます。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

About the author (2008)

●著者紹介
田中修(たなか おさむ)
1947年、京都府生まれ。京都大学農学部卒業、同大学博士課程終了。スミソニアン研究所(アメリカ)博士研究員などを経て、現在、甲南大学理工学部教授。農学博士。専門は植物生理学。著書に『花のふしぎ100』(サイエンス・アイ新書)のほか、『雑草のはなし』『ふしぎの植物学』『つぼみたちの生涯』(中央公論新社)、『入門たのしい植物学』

Bibliographic information