蘇る中世の英雄たち: 「武威の来歴」を問う

Front Cover
中央公論社, 1998 - Comics & Graphic Novels - 212 pages
架空の伝説的世界には史実を超えた堅固な観念の実在性がある。時代とともにいかなる過程を経て、源為朝や義経、古くは菅原道真や平将門、源頼光といった、歴史上、敗者とされる武人が、なぜ英雄に変貌したのか。中世を原点とした伝説が肥大化する過程で、近世あるいは近代の歴史の枠組みに与えた影響とは。これを「武威の来歴」という枠組みで捉えると、そこには民衆の記憶によって蘇り復活して、歴史に復讐する英雄の姿があった。庶民の夢に託された伝説の記憶をひもとき中世の様相を語る。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information