てっぺん野郎

Front Cover
講談社, 2009 - Governors - 648 pages
なぜ、彼はこの半世紀、人びとの関心を集め続けてきたのか。「男が惚れる男」だった父・潔と、「日本で最も愛された男」と言われた弟・裕次郎へのコンプレックスから、新銀行東京問題までを徹底取材。大衆の心にひそむ欲望を、無意識に、しかし過剰なまでに映し出す鏡であり続けてきた慎太郎の本質を暴く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information