陸軍暗号教範

Front Cover
紫峰出版, Feb 12, 2013 - History - 377 pages
0 Reviews

 旧日本陸軍の暗号関係文書は終戦直後の組織的隠滅工作の為にほとんど現存しないといわれる。今回、偶々処分を免れた暗号将校の教則本とされる『暗号教 範』、および本土決戦に際し千葉県九十九里の防衛に投入される予定だった範部隊(近衛第三師団)の『範部隊暗号運用計画』を復刻した。
理解を助けるため、陸軍暗号の技術および教育に関する解説を付けた。

 

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Contents

第一部
11
第二部
97
範部隊
209
補注
251
解説
263
Copyright

Common terms and phrases

About the author (2013)

 伊藤秀美:1950年生.1973年東北大理学部物理学科卒、1978年京都大理学研究科物理学専攻中退.防災関係の仕事の傍ら戦史を研究.旧陸軍の暗号関係を中心に著述.

保坂廣志:1949年生.1974年東洋大社会学応用社会学科卒.琉球大学大学法文学部教授を経て現在翻訳業.沖縄戦関係の著述多数.

Bibliographic information