霊山と日本人

Front Cover
日本放送出版協会, 2004 - Mountain worship - 253 pages
0 Reviews
古来日本人は自然に抱かれて生活し、山や森に神々を見、神霊の住まう場所として崇め、霊山の社寺に参詣して明日への指針を求めてきた。本書では、従来、主要霊山や個別宗教ごとに語られてきた山岳信仰を包括的に概観し、山の宗教者がいかに日本人の山岳信仰を育んでいったか辿り直す。また、そうした霊山の特徴、神観念や宗教者の儀礼などを人生の生活と関連付けて捉えることで、われわれが、心を癒すよすがとしてきた霊山とは何なのかを問い直す。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information