風景再生論: 日本は真実の「美しい国」になれる

Front Cover
彩流社, 2007 - Architecture - 310 pages
日本よ!観光立国の道を歩め;醜く腐蝕する日本の風景;風景破壊―日本人の“心”が“壊れている”;戦勝国アメリカに「食」も「住」も“餌づけ”された;わがままなポストモダン建築が日本の風景を殺した;景観破壊の戦犯“有名”建築家たちの罪を問う;“ハコモノ”破産は日本弱体化を狙うアメリカの陰謀?;超高層の絶望―健康破壊と地震で倒壊の恐怖;ちょっと待て!まちがいだらけの地域おこし;そぞろ歩き!この愉しさからはじめよう;美しい景観は「和」のたたずまいのなかにある;木、土、草、石―世界は自然な“環境共生”に向かう;日本よ、!やってみなっせ

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information