鴨長明全集

Front Cover
貴重本刊行会, 2000 - Art - 854 pages
中世文学をそれ以前の文学と別つ大きな特色の一つは、ジャンルの多様性にあるといえるであろう。そしてそれら多くのジャンルにわたって絢爛たる才能を発揮した文学者が鴨長明であった。この多芸多才な作家・歌人の人となりは、誇り高く、激情的で、きわめて傷つきやすい繊細な感性の持主であった。夏目漱石・芥川龍之介・佐藤春夫など、近代作家に長明を愛する人の少なくないのは、故なしとしない。本全集はこの稀有な個性の全文業と関連資料を一冊に結集し、以て中世文学研究の基礎資料として学界に提供し、併せて広く日本文学に関心を有する読書人諸氏に鴨長明の文学の魅力を余すところなく伝えることを目的とするものである。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information