1968年

Front Cover
筑摩書房, 2006 - Education - 300 pages
0 Reviews
先進国に同時多発的に起こった多様な社会運動は、日本社会を混乱の渦に巻き込んだ。その結果生まれたウーマン・リブ(→フェミニズム→男女共同参画)、核家族化(=儒教道徳の残滓の一掃)、若者のモラトリアム化(→「自分さがし」という迷路)、地方の喪失(=郊外の出現)、市民の誕生と崩壊、「在日」との遭遇などの現象は相互に関連しながら、現代社会の大きな流れを形作っている。前史としての“60年安保”から、ベ平連や全共闘運動を経て三島事件と連合赤軍事件に終わるまでの“激しい時代”を、新たに発掘した事実を交えて描く現代史の試み。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Contents

Section 1
13
Section 2
71
Section 3
169
Copyright

5 other sections not shown

Bibliographic information