50年前の憲法大論争

Front Cover
講談社, Apr 20, 2007 - Constitutional history - 286 pages
0 Reviews
本書は昭和三十一(一九五六)年三月十六日金曜日に開かれた「第二十四回国会衆議院内閣委員会公聴会」の記録である。意見を聴いた案件は「憲法調査会法案について」。三人の碩学にたいして与野党の八人の議員たちが鋭く切りこみ、丁々発止の議論が展開される。この白熱の議事録から得られる知見は凡百の解説書より深い。五十年の歳月を経ていま昭和史の肉声がよみがえる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information