入来文書

Front Cover
柏書房, 2005 - Feudalism - 720 pages
0 Reviews
この国で封建制はどのように生まれたのか。その起源は結局のところ、ヨーロッパ史のそれと対比できるのか。封建制は成熟したあと、どのように実際の生活で機能したのか。時の経過とともにどのように変化し、ついに解体したのか。国家の封建体験はどのような影響を明治の新体制に残したのか。この制度の研究は、総括的な疑問に答えるうえで有効な資料を提示するものであろうか。その疑問とは、人類史において封建制の勃興と成長の必要条件とはなにか、社会生活の通常の発展において封建時代は必要なあるいは望ましい段階を形成するのか、というものである。世界に通用した数少ない日本人歴史学者の古典的名著。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information