Rによる統計解析

Front Cover
株式会社 オーム社, 2009 - Mathematics - 320 pages
データ解析者にとって、統計学の理論は重要だが、それ以上に重要なのは、抱えている目的を解決するために、なんらかの統計解析手法を適用し、結果を求めることである。本書はRのインストールからデータの取り扱い方、操作方法、結果の見方、さらにRのエラーの対処方法など、Rでデータを解析していくうえで必要なことを解説する。
 

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Selected pages

Contents

Rを使ってみる
1
データの取り扱い方
11
一変量統計
71
二変量統計
97
検定と推定
117
多変量解析
139
統合化された関数を利用する
237
データ解析の実例
257
Rの概要
279
Rの参考図書など
309
関数一覧
313
索引
317

Bibliographic information