ウルトラ図解骨粗鬆症: いつまでも丈夫な骨でいられるために

Front Cover
株式会社法研, 2022 - 160 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
骨粗鬆症は、骨がスカスカになりもろくなってしまう症状のことをいいます。この状態を放置しますと、やがては寝たきり・介護状態に直結する恐ろしい病気です。
骨の状態は、食生活や運動、生活習慣の影響を大きく受けます。健康に長生きするためには、日ごろから骨を丈夫に、強固にしておくための取り組みが重要になってきます。また、早い日からの取り組みほど効果が高く、生涯にわたる予防と管理がいかに大切かということがわかります。
本書は、骨粗鬆症について骨の仕組みから解説し、薬物療法の知識、食事療法や運動療法について詳しく紹介し、すでに骨粗鬆症を発症している患者さんだけでなく、骨粗鬆症の心配のある方に役立てられる情報を満載します。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

About the author (2022)

竹内 靖博
虎の門病院副院長・内分泌センター長。
1982年東京大学医学部医学科卒業。1992年東京大学大学院医学系研究科第一臨床医学卒業。2003年東京大学医学部附属病院腎臓・内分泌内科講師。2004年国家公務員共済組合連合会虎の門病院内分泌代謝科部長を経て、現職に至る。日本内科学会認定内科医・指導医、日本内分泌学会内分泌代謝専門医・指導医、日本老年医学会老年科専門医。日本骨代謝学会学術賞、日本骨粗鬆症学会学術振興賞など多数受賞。

Bibliographic information