自己決定権と死ぬ権利

Front Cover
東海大学出版会, Sep 20, 1998 - Medical ethics - 153 pages
本書は、自己決定権が特に法的関連の中で問題となっている尊厳死、安楽死、自殺、臓器移植及び死の概念を中心に、我が国における状況及び諸外国での態様に関し、比較法的考察を交えながら、著者なりの見解を明らかにしている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information