ベルクソン『物質と記憶』を解剖する: 現代知覚理論・時間論・心の哲学との接続

Front Cover
書肆心水, 2016 - Memory - 383 pages
拡張ベルクソン主義宣言!時代にあまりに先駆けて世に出たがゆえに難解書とされてきた『物質と記憶』。最近の「意識の科学」(認知神経学・認知心理学・人工知能学)と「分析形而上学」(心の哲学・時間論)の発展により、ベルクソンがそもそも意図した「実証的形而上学」の意味で『物質と記憶』を読み解く準備がようやく整ってきたことを示す画期的論集。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information