人類の繁栄と地球環境: 現代文明はこのままでよいのか

Front Cover
森北出版, 1998 - 171 pages
本書は、環境を考えるにあたって、地球生態系をどう理解したらよいか、自然とどう関わったらよいのか、また環境とどう取り組んだらよいのか等、考える手がかりになると思われる事柄を、なるべくわかりやすくまとめたものである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information