水滴系のカオス

Front Cover
岩波書店, 2006 - 102 pages
蛇口からしたたる水滴の落下は日常よく目にする現象である。この水滴系は実験が容易なよいモデルシステムであり、流量を変化させるとカオスへの遷移や分岐、ヒステリシス、多安定構造といった多様な非線形現象が観察される。情報理論を用いて力学系の予測可能性を考察し、系の情報量、エントロピーという2つの不変量を実験データに基づいて計算する。非線形動力学、複雑系などの分野の起点となった代表的カオス研究。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information