アジアのポピュラー音楽: グローバルとローカルの相克

Front Cover
勁草書房, 2010 - Asia - 259 pages
音楽と聴衆の媒介作用“メディエーション”に焦点をあてるポピュラー音楽研究の新潮流。ローカルなアイデンティティの形成と主張、空間や時間の重複とズレ。「アジア」という地理的かつ理念的な枠組みを設定し、新たな視座を提供する。音楽文化の現在に見取り図を示すシリーズ完結巻。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information