知的財産法入門

Front Cover
中央経済社, Apr 25, 1998 - Industrial property - 305 pages
本書は、まず市場の秩序維持に関する法域に属する不正競争防止法から説明を始めている。その後で商標法を説明し、産業上の創作保護に関する法域では意匠法を特許・実用新案法より先に説明している。また、最後に、知的財産法をめぐる国際状況を説明する章を設けた。そして技術の南北問題をめぐる戦後の議論の流れを軸に、パリ条約から知的財産権の貿易関連側面に関するTRIP協定さらには生物多様性条約までの問題を扱っている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information